小倉のミツワ総研が解説する不動産を高く売るためのコツと業者の選び方

不動産を高く売るためのコツと業者の選び方

  • TOP
  • 不動産を高く売るためのコツと業者の選び方

不動産を高く売るためにできることとは?

所有する土地や建物などの不動産売却を検討している方であれば誰しも、「少しでも高値で売りたい」と考えるものです。不動産というご自身の大切な資産が想定よりも安値で売却することになったら、大きな後悔につながるだけでなく、損失も少なくありません。不動産を高く売るためには、確かな知識を身につけたうえで信頼できる業者に依頼することが不可欠です。

こちらのページでは、小倉周辺で不動産売買・空家管理・遺産相続をトータルに請け負う「ミツワ総研」が不動産を高く売るためのコツと業者の選び方について解説します。

コツ1:物件は“第一印象”で決まります!

これまで多くの不動産売買に携わってきた当社の事例から高く売却できた物件の共通点を考えると、物件の“第一印象”が大きなポイントとなります。そのため、建物の建築費や地価はもちろんのこと、清掃や整理整頓が行き届いた好印象が持てる物件であることを重要だと言えます。

たとえば、ドアを開けた瞬間、土埃が立ったり、靴や傘が散乱したりしているようでは、それだけで物件の印象は悪くなります。キッチンのシンク、浴室、洗面台などの水回り、汚れがちなコンロなどはしっかりと掃除することを心がけましょう。いつもは掃除機だけですませてしまうフローリングもワックスをつけて磨くといいです。寝室もカーテンやベットカバーの色を統一すると好印象になります。

物件そのものの価格以外にも、好印象を持ってもらうためのちょっとした心がけで物件の価値を高めることはできます。「この物件を購入したい」と思ってもらえるように、日頃から清掃と整理整頓をして来るべき売却のタイミングに備えるようにしましょう。

コツ2:売却を成功させるための秘訣

不動産を売却する際に「できるだけ早く売りたい」と焦ってしまい、安値で手放し後悔したというケースをよく耳にします。慌てずに適正価格で販売するためにも、不動産の売却を成功させるために「市場を意識すること」が重要です。

まず、大手不動産会社の中には市場価格よりも高い査定金額を提示して契約を結ぶケースがあります。そうすることで物件が売れ残り、値下げを繰り返すことで売却に時間がかかってしまいます。市場の適正価格について事前に把握しておくことが大切です。

また、複数の不動産会社に依頼するのは避けるべきでしょう。物件購入者が各媒体で広告が出ていることに「売れない物件なのでは?」と不信感を抱いてしまうことが考えられます。販売実績が少ない会社も、売却や販売手段のスキルがないことで物件が売れ残ってしまう要因になり得ます。そのため、地域で信頼できる市場に精通した業者を選ぶことが重要です。

失敗しない不動産会社の選び方

不動産売買を成功させるためには、当然ながら不動産会社の選定が鍵を握ります。「大手に頼めば安心でスムーズ」だとお考えの方もいるかもしれませんが、そうとは限りません。実際は会社の規模に関係なく、物件を探している買主たちに物件の存在を広く周知することは可能です。そのため、不動産会社を選ぶ際には、会社の規模ではなく、当社のように地域専門でお客様満足が第一と考えている業者を選ぶことをおすすめします。

地域専門不動産会社は、その地域の「売れる価格帯」もくわしく把握しています。つまり、その地域に合った最適な売却方針をとることができるのです。特に購入希望者が地域外の方の場合、地域に精通した担当者がさまざまな疑問にすべて答えてくれることで安心感を抱くでしょう。また、地域の魅力もアピールしてくれるので、売却に結びつく可能性が高くなります。

不動産売却における後悔は、売却価格や不動産業者の対応などに理由があります。お客様の満足を一番に考えている不動産会社なら、販売後の後悔をすることなく売り主も買主も売却を通じて笑顔になれるでしょう。小倉周辺一帯の不動産売買をご検討中の場合は、地域に根付いた営業を行っている当社までご連絡ください。

お問い合わせはこちら